社会福祉協議会とボランティア・市民活動センター

社会福祉協議会の仕組みと体制

社会福祉協議会は、地域の人々が安心して生活できる「福祉のまちづくり」の実現をめざして、それぞれの地域に暮らす人々、民生委員・児童委員、社会福祉施設等の関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加や協力によって、さまざまな活動を行っています。

社会福祉協議会には、地域で活動する「市区町村社会福祉協議会」とそれを支援する「都道府県・指定都市社会福祉協議会」、全国の連絡調整を行う「全国社会福祉協議会」があり、お互いに連絡を取り合っています。

ボランティア・市民活動センターの機能

市区町村の社会福祉協議会は、「ボランティア・市民活動センター」などを設置して(センターの名称がなくても対応しています)、ボランティア活動や市民活動に関する相談や情報提供、活動先の紹介を行っています。また、NPO・ボランティア団体等の活動支援や講座やセミナーなどの学習の機会を設けるなどしています。
これからボランティア活動をはじめるみなさんを応援する窓口なので、わからないことや困ったことがあれば、最寄の市区町村社会福祉協議会にある「ボランティア・市民活動センター」にどんどん相談してみてください。

※地域によっては社会福祉協議会以外の団体が、ボランティア・市民活動の相談窓口を設けている場合があります。