シンポジウム「災害対応とボランティア」 ~ボランティアによる被災者支援の有効性を高めるために

◆シンポジウム「災害対応とボランティア」~ボランティアによる被災者支援の有効性を高めるために

 未曾有の大災害となった東日本大震災では、多くのボランティ
 アが支援活動に参加し、被災地の復旧・復興に向けて、さまざ
 まな模索を重ねながら取り組んできています。こうした支援活
 動は多種多様なものですが、同じ支援者としてベースにもつ
 べき活動の原則等を確認しあい、共有することが重要といえ
 ます。それらは、団体同士が連携を図っていくうえで重要な前
 提であるとともに、それ以上に、被災地の復旧・復興や被災者
 の生活再建に向けて、支援活動をより有効なものとするうえで
 求められます。本シンポジウムは、赤十字社の長年の国際的
 な救援活動の経験をふまえた行動規範等や、法制度の動向等
 を学びつつ、東日本大震災等での実践をふまえながら、被災者
 支援にあたってボランティアがふまえるべき原則や連携のあり方
 について議論し、理解を深めるために開催します。

 1.日時
  平成24年11月1日(木) 14:30~17:30

 2.会場
  日本赤十字看護大学201教室

 3.参加対象
  ボランティア・市民活動推進機関・団体関係者、活動実践者
  (ボランティア・NPOスタッフ等)、その他活動に関心のある方

 4.定員
  200名

 5.参加費
  無料

 6.参加申込み
  詳細は下記HPをご参照ください。
  http://www.hirogare.net/事業内容/シンポジウム/