平成28年度社会福祉協議会活動全国会議を開催します

テーマ

地域の生活課題への対応と新しい地域包括支援体制の構築

ねらい

 平成27年9月に国が示した「新たな時代に対応した福祉の提供ビジョン」は、多様化・複雑化するニーズに対して、すべての人が世代や背景を問わず安心して暮らし続けられるまちづくりが必要であるとし、新しい地域包括支援体制の確立をめざすことを打ち出した。
 社協では、これまでも制度や対象を越えて様々な生活課題を受け止め、解決に向けた支援や仕組みづくりをすすめており、新しい地域包括支援体制の構築にむけて積極的に役割を発揮していく必要がある。
 また、生活困窮者自立支援制度は施行後1年を経過し、介護保険による新しい総合事業や生活支援体制整備事業が各地で始まるなど、制度改革の本格的な推進の時期となる。さらに社会福祉法改正についても、社会福祉法人・福祉施設と協働して地域の生活課題に対応する新たな活動や資源を創出するチャンスととらえて地域福祉の推進につなげることが求められる。
 こうした状況を踏まえ、本全国会議では、地域の生活課題に対応するこれからの社協活動のあり方や新しい地域包括支援体制の構築に向けた取り組みを軸に研究協議することを目的に開催する。


日時・会場

日時:平成28年6月9日(木)~10日(金)

会場:全社協灘尾ホール、全日通霞が関ビルディング

参加費

10,000円

参加対象・定員

社会福祉協議会役職員及び地域福祉関係者 定員:300名

申込締切

平成28年5月23日(月)

申込方法

参加案内・申込書をダウンロードし、ご記入の上名鉄観光サービス㈱新霞が関支店までFAXにてお申込みください。

H28年度社協活動全国会議開催要項、申込書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 792.9 KB