「平成30年度 生活支援相談活動管理職・担当者会議」開催のお知らせ

 東日本大震災や熊本地震などの被災各県において災害公営住宅等への入居後の生活支援がすすめられるなかで、生活困窮や孤立、またコミュニティの脆弱化や震災支援の風化など、被災者を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。支援が長期化するなかで、震災後の被災者へのフェーズに応じた生活支援が求められています。

 平成30年7月豪雨災害の被災地においては、生活支援相談活動による被災者への長期的な支援が求められています。また、近年、多発する自然災害を受け、被災地に限らず生活支援相談活動への関心が高まっており、これまでの被災地における実践・経験があらためて注目されています。

 本会議は、平成30年7月豪雨災害の被災地における報告を基に、今日の被災地における生活支援相談活動について情報・課題を共有するとともに、復興フェーズに応じて生活支援相談員が果たす役割や支援のあり方などについて考察し、社協活動の充実を図ることを目的として開催します。

  【日 時】平成31年3月8日(金)13:00~16:45

  【会 場】広島県社会福祉会館 講堂

 【対 象】

 ①生活支援相談員を配置している市町村社会福祉協議会の災害・復興支援の担当職員、事務局長や課長などの管理職、主任(統括)生活支援相談員などの生活支援相談員を支える立場にある者、生活支援相談員

②その他、都道府県・指定都市社会福祉協議会、市区町村社会福祉協議会職員、共同募金会職員等

【参加費】無料

【定 員】50名

【締 切】平成31年2月18日(月)

【申 込】

 参加申込書を本会・地域福祉部へFAXまたはメールにてお送りください

開催要綱
★生活支援相談活動管理職・担当者連絡会議 開催要綱.pdf
PDFファイル 508.0 KB
参加申込書
参加申込書.doc
Microsoft Word 45.5 KB